TL小説ソムリエよむよむ日記

TL小説読みすぎな人生を綴るよ。

野獣は黄昏の森で愛に出会う

『王女様と教育係』の作家さんの別作品。中世イギリス的(一般でイメージされるよりも数世紀昔くらい)な世界観を舞台に、王女ではあるものの、双子の兄とは違い母親に愛されず虐げられて育てられた卑屈なヒロインが色々あって互いの身分を知らないまま敵の王に会い、恋に落ちるが…というストーリー。

美女と野獣ロミオとジュリエットオペラ座の怪人のような古典王道モチーフを料理したTLですが、骨太で読ませる感じでした。心に傷を負った二人がすれ違ったり慰めあったりするが、どうなっちゃうの!とぐいぐい読ませる読ませる。

『王女様と教育係』のほうがライトな雰囲気で、こちらはより重厚さ?ドラマティックさ?が強いなと思いました。『王女様と教育係』も、TLの中ではだいぶ物語をしっかり描いている作品だと思いますが…。

レビューでは話の唐突感が気になる方がいるようでしたが、この作家さんの作品はシェイクスピア等の戯曲のような世界観や文体に近いものではないかなと思うので、独特の言い回しや登場人物の多さや急展開は好みがわかれる所ではないかなと思いました。

物語の構成やドラマティックさの描き方はこだわりがある作家さんだと思うで、クラシックな文体のテキストを読むのが苦でない方なら設定やエロ描写特化で登場人物の行動原理がさっぱりわからん…みたいなTLよりも楽しめるのではないかなと思います!

ちなみにヒロインは一時的に男装をします。

ヒロインが素直でキュンとする度 ★★★★★ 女性登場人物みんな強い度 ★★★★★