TL小説ソムリエよむよむ感想日記

TL小説読みすぎな人生を綴るよ。オススメTL感想、レビュー、分析などなど。

白骨の貴方に臓物と愛を

呪いによって白骨の姿で生きる元婚約者のヒーローと、姿が変わっても気にしない! 大好き! という執着によってラブラブするヒロインの中世ファンタジー舞台TL。白骨でもエロはある。HENTAIすごい。

ムーンライトノベルで連載されていた作品の書籍版で大幅加筆によって登場人物の心理描写が細かくなっており、それによって書籍版はヒロインの狂い度が高くなっています。2巻完結。

webから書籍ならではのテキストの不安定さを若干感じますが、骨ラブを書籍化した出版社は勇気あると思うし、書き手が骨について調べて書いたことも評価したい。

骨男子はジャンルとしてほぼ無いと思うのですが、人でない姿で真の愛を試されるのは『美女と野獣』的で王道と言えば王道でしょうか。

骨ヒーローが苦労ゆえに「こんな姿で愛されるはずがない」と臆病になる心理は、かわいそ男子が好物の私的には100点です。TLは俺様ヒーローが多いですが、不憫で受け身ヒーローもたまには良いと! 思いますよ!

骨密度 ★★★★★