TL小説ソムリエよむよむ感想日記

TL小説読みすぎな人生を綴るよ。オススメTL感想、レビュー、分析などなど。

【爆誕】ブラックオパール【暗黒】

フランス書院率いる現代TLを得意とするオパール文庫から『ブラックオパール』というレーベルが発表されました。

「執愛」「狂愛」「復讐愛」――。よりダークなストーリーを追求し、エロティックなシーンをたっぷり盛り込んだ新レーベルが、2017年9月から刊行開始。ぜひ黒の世界に酔い痴れてください!

http://opal.l-ecrin.jp/c/etc/fpo_0028.html

ソーニャ文庫がAmazonのTLノベルでだいぶ売り上げランキングの上位に食い込んでいる印象があったので、ほかレーベルもソーニャ的な甘々でない話を出しがちになっていました。そんな中、オパール文庫は正面からぶつけてきたな〜!

ソーニャ文庫はここ最近、とりあえずエロければいいというわけではなく、小説を読むのが好きな女性に対してちゃんと読める話を渡すという傾向が強いように感じています。

対して、ティアラとオパールはわりと軽めに読めるテイストが多いので、もしかしたら同じダーク路線でも読者の住み分けができるのかも。読者が作品を探すのに分野が特化しているとありがたいので、今後に期待です。

余談 BLを読んだ話

囀る鳥は羽ばたかない 1 (H&C Comics  ihr HertZシリーズ 129)

囀る鳥は羽ばたかない 1 (H&C Comics ihr HertZシリーズ 129)

上記作品が福山雅治が評価したという話題をみかけ、もしや漫画読みがおもしろいと感じる実力派作品なのでは?と思って、読んでみたら確かによかった。退廃的かつパサパサしている。

TLもパサパサした雰囲気の話があってもいいのになぁと思いつつ、読み手が同性が辛い目に合うとかバカだとついてこないのかも…など色々考えさせられました。少女漫画やTLにおいて、読み手が主人公に対してどういうスタンスになるかというのは興味深いです。