TL小説ソムリエよむよむ感想日記

TL小説読みすぎな人生を綴るよ。オススメTL感想、レビュー、分析などなど。

【初心者向け】ティーンズラブノベルってなに?

そもそもティーンズラブってなによ!という記事を書いておこうと思い立ちました。

たくさんTLを読むテキスト読みの方には「ん?」と感じる部分もあると思われます。誤りや気になる部分を見つけた方はお問い合わせフォームから、こっそりお教え頂けますと幸いです。

ティーンズラブノベルとはなんだ

恋愛にくわえてセクシャルな表現に重きを置いた内容が描かれた、大人向けの少女小説を「ティーンズラブノベル(乙女小説とも)」と呼ぶ傾向にあります。

表紙がピンク色で正気を保った女性には超絶買いにくいのですが、近年はほとんど電子書籍としても発売されています。オンラインで買えることで一般人にも手に取りやすくなったためか、近年爆発的に作品数が増えた印象があります。

かの有名な女性向け官能小説「ハーレクイン」は英語圏の価値観で書かれていますが、日本のTLは日本人のために書かれたラノベ寄りの官能小説とも説明できそうです。

近年流行している小説投稿サイト「小説家になろう」の女性向けカテゴリ「ムーンライトノベル」はTLのひとつですが、ネットでの連載と、書籍を目的に書かれた話はだいぶ話の構成が異なる傾向にあります。なろうから書籍デビューを果たして、その後本を書かれる作家さんもいます。

出版社にもよりますが、書籍のために書かれた作品の方がクオリティは担保されやすい気がする。(編集と作家が殴り合ったり高めあったり、色々あってそうなっているのではないか)

どういう人にオススメなの?

TLはテキストでエロありの恋愛が読みたい、という特殊な趣味の持ち主が読むものですが、基本の資質は物語やキャラクターが好きなこと。

自分自身から分析すると、ノベル系ゲームを楽しんだ経験のある人は楽しめる傾向にあるかなと。あとは、かつてテキスト系二次創作同人を耕していた人。

どんなお話があるの?

ほぼ日のハーレクインDSを説明したページで、ハーレクインのカテゴリに関する説明がありますが、TLもわりと近しい感じのカテゴリかなと考えています。

https://www.1101.com/nintendo/harlequin/2010-03-16.html

日本のTLでは現代物と中世物でまず大きくカテゴリが分かれていて、中世物の中でも歴史考察しつつ架空の国を舞台に書いたもの、まったくのファンタジーで分かれています。

近年は主人公が別世界に転生して愛される話も流行していて、ファンタジー系のひとつですね。

あとはお話が甘々かダーク系か、さらにキャラクターの属性、職業や年齢、ヒロインとヒーローとの関係性でカテゴリが細分化されています。

どうやって探せばいいの?

レーベルごとのカテゴリ検索を使うと「こんなシチュエーションの作品読みたいな」を見つけやすいですが…。

レーベルサイトの一例はこちら

レーベルの傾向についてはこちらのサイトがわかりやすかったです。

テキストは人によって読みやすい、読みにくいの相性が大きいので出版社に掲載されている試し読みは必ず!目を通すのをおすすめします。だいたい濡れ場シーンが掲載されているだけなので、本編を読んでみるとあんがい相性が悪いこともあるのが悩みですが…。

読み手と相性が悪いだけで作品として悪くはないクオリティなのに、Amazonで酷評をつけられた作品を見ると切なくなってしまう今日この頃。

色々読むと「自分はこういうの好きだったんだなー!」と感動することもあるので、色々模索してみてください。エンジョイ!ティーンズラブ

私の個人的な趣味ですが、初心者におすすめティーンズラブノベル5冊のエントリも書きましたのでご参照ください。