TL小説ソムリエよむよむ感想日記

TL小説読みすぎな人生を綴るよ。オススメTL感想、レビュー、分析などなど。

箱庭の初恋

箱庭の初恋 (ヴァニラ文庫)

箱庭の初恋 (ヴァニラ文庫)

両親を処刑されて幽閉された金髪ぱっつん王女さま×弟の仇である監視役の敬語黒髪ヒーローとの憎みラブ。仇のことが好き系の話は、お約束ながらも萌えずにはおられない。

さまざまな事情あって弟の仇であるヒーローに抱かれることになってしまうが、彼を憎み続けなければと気丈にふるまうヒロインの姿勢が最高に好みでした。幼いころに弟を庇護してくれたこともあったのに、なぜ彼とこんな風になってしまったのか…というヒロインの葛藤や憂鬱さ、情緒不安定さがよく描けています。

「わたしは憎しみであなたを縛っているの」
「それでいい」

というダブルクーデレの組み合わせ最高です。

amazonのレビューで挿絵が不評なのですが、私はむしろけっこう好きだったためショック! 確かに、少女漫画系の絵柄より青年漫画系の絵柄ですっきりしているので、慣れていないとうすっぺらく見える…のかも…。あと、絵として構図が面白いっちゃ面白い…のかも…?もはや、ピンクい絵を見すぎてよくわからなくなっているのか…。

個人的に前髪ぱっつんで表情を隠した感じのヒロインのデザインが最高に好みで、ちょっと冷たく見える黒髪ヒーローもよかったです。