TL小説ソムリエよむよむ感想日記

TL小説読みすぎな人生を綴るよ。オススメTL感想、レビュー、分析などなど。

青年王と真白き花嫁 〜竜の孵る日〜

10/19(木)までamazonKindle5周年セール開催中で、TL小説が大量に半額になっております。ポチりポチりと普段読むきっかけのないレーベルの作品を購入しました。

普段あまり読まない作家さんの作品を、この機会に!と思って読んだら、いきなり当たりをひいたので、超嬉しい!

ということで、人気作のようなので今更なのですが、お気に入った作品を紹介いたします。

黒髪不器用王さま×快活金髪まっすぐ姫の剣と魔法のファンタジーラブロマンス!

ざっくりあらすじ

剣と魔法のあるファンタジーな世界観。快活で剣も嗜む小国の姫であるヒロインは、幼い頃に隣国の王子を剣で打ち負かして再戦の約束を結ぶ。

約束は果たされぬまま16歳になったヒロインには、誰にも明かしていない秘密があった。体に「竜の卵」を宿しており、竜と言葉を交わすことができるのだ。

幼い頃に剣を交えた王子は約束を交わして以来会うことはなかったが、父親崩御しすでに即位していた。ヒロインの育った国に援助するという条件をともに求婚され、ヒロインは王家の一員として断ることができず隣国に嫁ぐことに。幼い頃のおもかげを残さない王子と再会するが…という不器用黒髪男子と、まっすぐ系金髪ヒロインのじれじれファンタジーロマンスです。

スキポイント

安定した文章力と、ヒロインとヒーローの心の機微、いい感じのワルさを魅せる悪役などなどバックグランドを感じさせるキャラクターがよかったー。

ベタベタのファンタジーでコバルト文庫を感じさせるような、古き良きザ・ラノベ!の世界観ですが、懐かしい感じがして私は好き!

なお、エロスはそこまで濃密ではないですが、心を通じ合わせる展開としては大切な演出となっております。

挿絵もドラマティックでいいな〜と思っていたら、以前感想を書いた『箱庭の初恋』と同じ絵師さんだった。絵柄の幅が広い方なのやも? この方の描く女子は、性格がうまく出たキャラクターデザインになっているように感じて好き!

tl-novel-love.hatenablog.com

作者の白石先生があとがきでキャラクターのその後の話を自サイトに掲載するかも…と書かれていたので検索したら、シリーズ化していて4作品のうち2作目以降はkindle unlimited対象!! ご褒美かよ!!!! ありがとうございます!

誓いのキスはウエディングの後で 青年王と真白き花嫁 (ガブリエラ文庫α)

誓いのキスはウエディングの後で 青年王と真白き花嫁 (ガブリエラ文庫α)

発売時リアルタイムで追えなかったことが悔やまれますが、セールきっかけで知ることができてよかった…と感謝しております。今後作家買いします。

ちなみに、kindke 5周年セールでTLを絞って探す方法ですが、私は広く見たくて「文庫」で検索しました。

好きなレーベル名や作家名で検索すると見つけやすいかなと思います。