TL小説ソムリエよむよむ感想日記

TL小説読みすぎな人生を綴るよ。オススメTL感想、レビュー、分析などなど。

姫君のたった一人の騎士

Amazonでチラリ見かけた見知らぬパブリッシャー、見知らぬ作家さんの作品なのですが、騎士と姫君のテーマはけっこう好きなのでタイトル買いしてみました。

電子出版のみの作品で、短編です。

姫君のたった一人の騎士 (AINE)

姫君のたった一人の騎士 (AINE)

あらすじ

2つの大国の海峡にうかぶ島国。その国では愛する騎士と共にあることで、強く心を持った女王の言い伝えから、王女が伴侶となる運命の騎士を選ぶ伝統があった。

20歳を迎え王位継承権を得た王女(金髪ロング)は、隣国からやってきた影のある騎士(黒髪男子)に心奪われ…。

感想

安定して読める、魅力ある世界観の作品でした。

架空の国を舞台にした物語ながらも、きっと花の溢れた美しい国なのだろうな〜と情景を思い浮かべられるステキな世界観。

エロス描写がスゴいとかキャラクターが突飛な設定なわけではないのですが、主人公が若いながらも王となることを意識した立ち振る舞いを持ちつつ、愛にまっすぐな姿勢がイッツキュート。静かながらもロマンのある話で、物語として好き!

雑談

失礼ながらオンライン出版の作品はスピード勝負なため校正が甘かったり物語のツメが甘いなども時にあるため、警戒心を持ちがちでした。

『姫君のたった一人の騎士』は短編で地味…とも言えるのですが、よい作品!と感じる底力があったので反省。自分が知らないだけで、いい作家さんまだたくさんいますわ。

ついつい安パイを求めてamazonでレビューが高い作品だけを購入して読みそうになってしまいますが、悪いレビューがついていても自分と好みが合わないだけという可能性も高いので、もっと挑戦していろいろ読んだり見たりせねばなあとしみじみいたしました。

人気がない作品でも自分が好きならいいし、人気があるから自分が面白く感じるとは限らないんですよな。