TL小説ソムリエよむよむ感想日記

TL小説読みすぎな人生を綴るよ。オススメTL感想、レビュー、分析などなど。

僕のかわいいセレーナ

僕の可愛いセレーナ (ソーニャ文庫)

僕の可愛いセレーナ (ソーニャ文庫)

だいぶ以前に読んだ作品なのですが、宇奈月先生がオパール文庫で帰還限定で読める系連載を始められたので記念パピコ

ソーニャ文庫創刊から間も無い2013年発刊で、面白いのですが複数の事件が起きる系の物語であらすじが書きづらいので今日は省略します。

以前から感じていましたが、宇奈月先生はヒロインが受ける身体的・精神的ダメージの描写に容赦がない。これは…辛いぞ! という状況をきっちり描写するので、不幸度合いがはっきり伝わって読んでいて辛くなります。だが、読んでいて痛みを感じたぶん主人公が辛い状況を打破した際のカタルシスも大きい…。

主人公に感情移入度が高い方ではない私でもアワワ…!となるので、感情移入が強い読み手は避けるタイプの物語かもなと思います。(万人に愛される作品を作ることは不可能に近いので、disっているわけではないです)

『僕のかわいいセレーナ』ではヒーローもその他の人間も、一癖ある人物として描かれます。ですが、完全な善でも完全な悪でもない…と見せるのは、フラットな人間の描き方だなぁと感じます。特に同性のライバル的な存在が登場しても、理由ある悪として描写されるので納得感がある。

完全な悪として描かれる方が物語的に悪役を断罪しやすくスカッと感があるので、ここらへんは好みが分かれる部分かもですね。

ヒーロー・ヒロイン以外の人物をそこまで描く暇がないTLでも、人物描写って作家さんによってぜんぜん違うので、面白いなーと思う部分です。

オパール文庫の『いとしい君に愛を乞う』

『僕のかわいいセレーナ』宇奈月先生の新作が期間限定公開の連載形式で〜読めるー。

離婚寸前夫婦の物語なのかな? ヒーローが第1話の最後に登場したばかりなので謎が多いですが、犬の描写が細かいので犬好き垂涎。

ヒロインが脚を悪くしている設定なんですが、私自身が最近膝の手術して絶賛リハビリ中なために第1話にして感情移入度MAXです。歳をとってさまざまな経験を積むうちに、新しい視野をもって登場人物の心境に思いを馳せるものですな…。