TL小説ソムリエよむよむ感想日記

TL小説読みすぎな人生を綴るよ。オススメTL感想、レビュー、分析などなど。

桃蜜姫

前回の変態ヒーローセレクションを描くために蔵書を見直し、『王太子の情愛』の作者である奥山鏡先生のクレイジーなセンスを再発見して『桃蜜姫』を読むに至りました。

あらすじ

桃蜜姫 騎士に捧げる甘い雫 (プリエール文庫)

桃蜜姫 騎士に捧げる甘い雫 (プリエール文庫)

中世ヨーロッパあたりを感じる世界観。

『桃蜜姫』と呼ばれ育てられる彼女たちが口にするのは、桃の果実と少しの塩だけ。彼女たちは甘い香りを漂わせ、体液は果実のように甘く閨で男を楽しませる存在となる。だが、桃しか口にしない彼女たちは短命だった。

閉鎖された空間で桃蜜姫として育てられ、己の運命を諦めて売られるのを待つヒロイン(16歳小柄)。傷ついた騎士(黒髪)を自らの体液で救い…。

感想

想像以上の体液ごっくんプレイでしたが、キャラクター描写が魅力ある感じでギャップすごい。性描写は男性向け作品ぽさありつつも、心理描写はたしかに女性向けで混沌としたバランス。

冒頭から『大変な事態だな…』と思わずつぶやくし、中盤でも『初心者なのに高度すぎるプレイよ…』と思わずつぶやいてしまう。ヒロインの魔性の魅力おそるべしです。

好みが分かれると思いますが、男性向け性描写が平気な読み手ならば楽しめる作品ではないでしょうか。男性向け性描写の耐性がないと「正気か?」と感じる可能性微レ存。

作者の奥山先生が2017年TLまわりで作品をお見かけせず、去年『王太子の情愛』を読みつつも、激しさで呆然として感想を書くに至ってなかったことが悔やまれる…。過疎ブログのため作品の売り上げに貢献することはないものの、いいなと思った作家さんを応援したい気持ちがあるので。

どこか別の名義で、新たなHENTAIを書かれておられるといいのですが。ひっそりと応援しております…!

雑記

知らなかったけどじつは面白い、みたいな作品をもっともっと見つけたいよー! ぐぬぬ