TL小説ソムリエよむよむ感想日記

TL小説読みすぎな人生を綴るよ。オススメTL感想、レビュー、分析などなど。

暴君皇子の執愛

まだインフルエンザで自宅待機しております。人生は95%くらいは予定通りにいかないし、「フルで頑張ればこのくらいできる」と算段をとっても色々な理由でフルで動けなくなる法則。

せっかく寝て暮らしているし…と、先日読んだ『鋼の元帥と見捨てられた王女』が超面白かったため同作者の別作品を読んでみたところ、これがまた最高でした。なんで今まで読んでなかったの?人生の60%無駄にしていたのでは?

あらすじ

暴君皇子の執愛 奪われた純情 (ガブリエラ文庫)

暴君皇子の執愛 奪われた純情 (ガブリエラ文庫)

中世アイルランドを思わせる舞台。ヒロインは帝国の従属国の姫。幼い頃より帝国に出仕し、完璧イケメン皇子であるヒーローが周囲に隠している一面をはからずも知ってしまう。

もしも自分の秘密を周囲にバラしたら、故郷の家族を処刑してやるという皇子の脅しを真に受け、ヒロインはヒーローに対して「秘密を生涯守り、皇子のペットになる」と勢いで誓う。

やがて時が経ち、ヒロインは直属侍女兼ペット的なポジションでヒーローを支えていた。皇子として清廉潔白・文武両道な完璧な人間として振る舞っているが、ヒロインにだけは横暴で腹黒な一面を見せるヒーローに結婚話が持ち上がり、二人の関係性が変化し始める…。

感想

めっちゃ萌ゆるやん。やばくない? という知性の退化した感想が出てきた。

ヒロインは小動物系天然ガールで、無自覚な両片思い。早く気がつけよ的なじれじれストーリー。

ヒーローが完璧人間でありながら、メンタル弱くてヒロインに依存して子どもっぽく振舞ってしまうさまが自然に描かれていてグッと来ました。イッツキュート。

お話の冒頭から二人の関係性にわくわくできる、よき構成&文章力です。文体と設定が合う人ならしょっぱなから「これは面白くなるな」と確信できます。

二人を取り巻く人間関係や舞台についてラブストーリーを侵食しないほどよい量で情報が読者に与えられて、お話を読むことが好きな人は想像が膨らんでたまらん感じ。

受け身なヒロインのように見えて、最後に「彼とともに歩んでゆこう」とたどり着く答えが人間賛歌で、あんなにボンヤリしていた子が…とグッと胸にくるものがあり。

この本を読むきっかけとなった同作者の作品『鋼の元帥と見捨てられた王女』も、人の精神的成長が描かれていたので読後感が素晴らしかったです。読んでみてよかった〜〜!

雑記

両片思いの状態で、ギリ本番でないプレイを繰り返すシチュエーションに萌える自分を発見してしまった。