TL小説ソムリエよむよむ感想日記

TL小説読みすぎな人生を綴るよ。オススメTL感想、レビュー、分析などなど。

人嫌い公爵は若き人妻に恋をする

『致死量の恋情』でメンタルの強さにとどまらず戦闘力も高いヒロインを描いた春日部こみと先生の新作が、kindle化されていたので読み読み。

今度のヒロインは、女子から大人気モテモテ人妻だーっ!

あらすじ

人嫌い公爵は若き新妻に恋をする (ヴァニラ文庫)

人嫌い公爵は若き新妻に恋をする (ヴァニラ文庫)

王太子にヒロイン(黒髪しっかり者18歳)が婚約破棄されるが、ヒロインが賢い愛され女性であるために悲観に暮れず前向きという一風変わったストーリー。

政治的事情のためにヒロインは婚約破棄後すぐに『人嫌い公爵』と呼ばれる王弟(28歳変人イケメン)と結婚するが、政治的理由きっかけにも関わらずベタベタに溺愛される。

感想

ヒロインが男女関わらず人気があり、まろやかなテイストの百合みがあります。人間が仲良しなさまが描かれると興奮する体質のため、この作品に点数をつけるとしたら、100点中300万点です。

ヒロインとの婚約を解消した王子が結婚する女性が、登場当初わがままであるかのように描かれるものの彼女なりの理由や和解、成長が描かれるのも萌えーるポイント。ヒロイン以外全員知性を失った野蛮人なのか?的な作品に食傷気味の方もお楽しみいただける気がします。

優等生型ヒロインと、ヒロイン以外に興味ないぜ人嫌いヒーローの組み合わせはカップルとしてバランス良いし微笑ましい感じもすてきー。二人が不幸になる感じがせず、読んでいてほっとします。

魅力的な登場人物が多いため、1.5倍くらいの長さになってもよかったと思う! 面白かったので短いことが惜しいという最大評価です。

イラストはヒーローが文中での描写通り、ハイパーイケメンに描かれていてしゅごい。

雑記

気がつけば、このブログを運営して1年が過ぎていました。TL縛りでこんなに継続できるとは思ってなかった…。

まったくTLと関係ないですが、東京ドームシティで開催されていた食器フェスみたいなイベントに先日遊びに行きました。窯元の展示販売にくわえて、テーブル飾り付けコンテストの展示もされていたのですが…。

貴族の家っぽさから「このテーブルは、こういうTL設定かな…」と妄想しがちでした。しかし、色んな世界あるものですね。