TL小説ソムリエよむよむ感想日記

TL小説読みすぎな人生を綴るよ。オススメTL感想、レビュー、分析などなど。

黎明の女王は愛に目覚める~精霊使いへの誓いのキス~

生きることに疲れたから、甘甘なファンタジーでも読むかな期がやってまいりました。

あらすじ

黎明の女王は愛に目覚める~精霊使いへの誓いのキス~ (ロイヤルキス文庫)

黎明の女王は愛に目覚める~精霊使いへの誓いのキス~ (ロイヤルキス文庫)

粗暴な物言いだが優しい黒髪ヒーロー×世間知らず銀髪王女

精霊を使役する力を持つ王女でありながら、父親に疎まれて城の離れで暮らすヒロイン(15歳 銀髪華奢ガール)。ある日、戦場に出て精霊使いとして侵略者に力を行使するよう、父王から命じられる。

争いを好まぬ心優しいヒロインだが、亡くなった愛する母の墓を作り直すことと引き換えに戦場に出る。隣国から侵略してきたという兵を精霊の力を借りて一時は退けたものの、精霊封じの剣を持った謎の騎士に攫われて捕虜となってしまう。

謎の騎士は敵国の王太子(ざっくりした物言いだが優しいイケメン黒髪ヒーロー)で、強い精霊使いとしての力を減らすために彼に抱かれてしまう。ヒーローを警戒するヒロインだったが、「野蛮な隣国に自国が侵略されている」という父王の話が真実ではないことを知り…。

感想

精霊使いなど序盤にファンタジーな設定が入ります、女王として世間知らずな少女が精神的に成長していく様子が中心に描かれます。

お約束ぽい構成ではありつつも、エロスと人物描写のバランスがよくメンタルに優しく読みやすいです。

ヒーローが粗暴めな物言いでありながらも常識人でクレイジーさはないですが、二人ともいい奴なためにピュアな恋愛ものとして読めて読後感よきでした。

雑記

4/4(水)発売の春日部こみと先生新刊『勝負パンツが隣の部屋に飛びまして』の紹介ページがてともよいと思っております。

TLのサンプルテキストって一般的にエロスなシーンなのですが、『勝負パンツが隣の部屋に飛びまして』は全年齢読める胸キュンテキストなのです!!

この関係性は買いでしょ!と決断しやすいので、超嬉しくなりました。

セックスは物語において相手の心に踏み込む表現のスパイスだよ派ですが、相手の心に踏み込んだ所だけ読んでもよくわからんな!という気持ちになりがち…。

ツッコむのが遅れましたが、タイトルすごいね!!