TL小説ソムリエよむよむ感想日記

TL小説読みすぎな人生を綴るよ。オススメTL感想、レビュー、分析などなど。

勝負パンツが隣の部屋に飛びまして

待望のパンツが来ましたぞ!!

あらすじ

勝負パンツが隣の部屋に飛びまして (ソーニャ文庫)

勝負パンツが隣の部屋に飛びまして (ソーニャ文庫)

現代を舞台にパンツから始まるお隣さんラブコメディ。

野良猫のようなヒロインがお年頃の女性がそんな無防備ではいかん!とおかん系ヒーローに説教されつつ、餌付けされて色々あって武士の精神性を持つに至る。

感想

っあーーーーー! よかっ…た…。

ソーニャ文庫、作品紹介ページのサンプルテキストがツボな人ならば100%読んだ方がよいです。コミカルながらも丁寧でホロリと読ませます。

テキストの美しさ、キャラクターの愉快さ、登場人物の精神的成長…すべて好みでした。ありがとうございます(DOGEZA)

ヒロインのかわいらしさ、精神的危うさが違和感なく飲み込めて話の流れに納得感があり…よき…。

野良猫ヒロインへの餌付けがテーマとあって、食事の描写がよいです。過去に某名作ノベルゲームで飯の描写がおいしくなさそうすぎてイラッとした経験を持つ私ですが、なんちゅうもん読ませてくれるんや…! と心の中の京極さん(美味しんぼ)が盛り上がっておりました。

挿絵も話の雰囲気に合っていてよかった。ヒロインヒーローともにかわいい。

雑記

2017年にノーベル文学賞を受賞したカズオイシグロ氏が大学のディスカッションで、小説は他人の観点や考えをなぞることができる、映像とはまた異なる味わい方ができるコンテンツなのだと話されていたのをふと思い出しました。

カズオイシグロ氏は人間全体への関心を持って物語を描くタイプなのかなと想像しているのですが、書き手によっては「こんな世界があったらいいのにな、こんな人がいたら好きだな」という願望で書く人もいるなぁと。

物語を書く人と仕事をした際に「こんなに魅力的なテキストを描くが、人間には興味はないんだな」と感じたこともあり、創作という行為にどう取り組むか、作り手の源泉は何かを考えると深い…。